折り畳み自転車を買うなら?

折り畳み自転車は日頃使いにも快適便利

通勤通学の際など、自転車を利用する方は少なくありません。
ですが中には、自転車を置く場所がなく、自転車通勤が出来ないという方もいるのではないでしょうか?
そんな方におすすめなのが、折り畳み自転車です。

折り畳み自転車はその名の通り、折りたたんで利用することが出来る自転車です。
コンパクトサイズで持ち運びをすることが可能ですので、駐輪場が無くても、会社内に持ち込んで、荷物と一緒に置いておくことが出来るでしょう。

日頃通勤通学に利用したり、ちょっとしたお出かけの際など、そのまま持ち運んで電車に乗ることも出来ますので、非常に便利な自転車として知られています。

長距離ドライブをするのであれば、ある程度しっかりしたものを選びましょう

折り畳み自転車の値段はピンキリで、安いものですと数千円で購入できる商品もあります。
日常使いだけで、そこまで長距離を運転しないというのであれば、問題ないかもしれませんが、ドライブレベルで利用するとなるとあまりおすすめできません。

通常自転車は、折り畳みをすることが出来ない構造になっています。
その理由は、車体の耐久性などが一番に挙げられますが、折り畳みが出来る構造にすることで、ある程度丈夫な構造を無視して作られていることは間違いないでしょう。
その分をカバーするために、折り畳み自転車には丈夫な素材や、高性能のパーツを使う必要があるため、通常の倍以上の値段になって当然なのです。

ですが、安価で販売されている折り畳み自転車の多くは、そうしたことは考えて作られていません。
あくまで短時間、あくまで街乗り程度の構造ですので、ドライブなど長期的に使いたいのであれば、しっかりした商品を購入しましょう。

価格帯は最低、6万円前後の物を購入することをおすすめします。
余り高すぎてもお財布に負担になりますので、そのくらいの金額の自転車を比較してみて、自分に合っている自転車を選択してみてください。

メンテナンスに必要な持ち物も忘れずに持参

自転車でドライブに出かける際には、メンテナンスに必要になるアイテムも忘れてはいけません。
例えば、空気入れや、折り畳みに必要な工具、タイヤパンク時の応急処置品やオイルなど、必要最低限のアイテムは、持参するようにしましょう。

いずれのアイテムも、コンパクトで持ち運びしやすいものが販売されていますので、そこまでの荷物にはなりません。
リュックなどに詰め込んでも、大した負担にはならないでしょう。

万が一トラブルがあった際にも、自分で解消するためには、こうした道具を持っていく必要があります。
サイクリングショップが都合よくない場合も多くありますので、応急処置が出来る程度のアイテムの用意をしておきましょう。