カメラアングルはこれでバッチリ

アングルの違いがバイクの印象を大きく変える

時間や場所、使っているカメラなど、バイクの写真を全く同じ条件で撮っているにもかかわらず、何だかあの人の写真の方がかっこいい。
そんな経験をしたことがあるライダーさんもいるのではないでしょうか。
それはもしかしたら、アングルの違いが大きいのかもしれません。

アングルとは、カメラをどの辺りから撮ったのかということ。
人はついつい、真正面や真横など、被写体と正対になって写真を収めてしまいがちですが、その癖を一度捨てることをおすすめします。
癖を捨ててみることで、いつもとは違った写真を撮ることが出来るでしょう。

例えば、カメラのアングルには主に、ローアングル、ハイアングル、アイアングルという三つのアングルがあります。
それぞれのアングルを使い分けて撮ってみると、印象が大きく異なるでしょう。

ローアイハイを使い分けて撮りましょう

ローアングルは、被写体の下の方から、煽り気味で撮るというアングルです。
被写体の下の方から撮ることで、より迫力のある、全く違った印象の写真を撮ることが出来るでしょう。
ローアングルは手っ取り早く印象を変えたいという方にはおすすめの撮影方法で、近くから撮っても、遠くから撮っても、それぞれ印象を変えることが出来るでしょう。

次にアイアングルですが、こちらは、人の目線の高さ(アイ)から撮るタイプのアングルです。
写真において最も一般的なアングルですが、バイク以外にも、背景や人など、別の被写体を収めておきたい場合は、こちらのアングルが一番でしょう。
記念写真として一枚撮る場合などは、こちらのアングルを利用することをおすすめします。

そしてハイアングルは、少し上めから写真を撮る方法です。
上から撮ることでいつもとは全く違った印象のバイクを見ることが出来、新鮮な気持ちを味わうことが出来るでしょう。
撮影の際には、何か台の上に乗って撮影をする方もいれば、カメラのフレームをのぞき込まずに、手を伸ばして上から撮るという方法を取られる方もいます。

その他の要素によっても大きく印象が変わります

このように、様々なアングルを試してみることで、写真の仕上がりや、受ける印象は大きく異なります。
出来るだけ色んなアングルを試してみて、比較をしてみると良いでしょう。

また、カメラアングルだけではなく、光の加減やバイクの位置など、色んな要素によって写真の印象は大きく異なります。
様々な組み合わせによって写真は大きく変わりますので、思いつくままにやるのはもちろん、工夫を凝らして色んな状態で撮ってみると良いでしょう。

写真を上達させるには、何事もチャレンジ精神が大切です。
最初から決めつけてかかるのではなく、色々と試してみてください。